ソダチの森のあそびの日」のお知らせ

 誰でもソダチの森に入れる日です。(事前の申込は不要です)



いつもとはちがう自然の中で、自分らしく楽しもう。元気と笑顔いっぱいに。

子どもや親子のコンパクト体験メニューもありま〜す。

(参加費有り)


時間は10:00〜14:30 


○9月10日(日)

○10月15日(日)


※ご自身での怪我や事故については責任を負えませんので、十分注意しつつ、楽しんでください。



        チラシダウンロードできます。























 開催の中止や順延のお知らせ  ありません


●中止や順延について

(雨や暴風の時や森の状況のコンディションが良く無い場合は中止する事もあります。)





 サポータ募集情報(ボランティア)


 サポータの活動は主に、子どもの活動環境を整備したり、月一回程度の開放日に子どもや親子の活動の見守りをします。ご協力をよろしくお願いします。

活動予定日(平日、日曜)

サポートの時間帯 9:00〜15:00(2シフト制)

場所 青葉区寺家町ソダチの森

◎持ち物/服装 飲み物・手袋(軍手)・帽子・長ズボン・長袖・適した靴、虫除け対策。


●サポータについてのお問い合わせ先

 mori@childws.com 電話090-1215-0585にご連絡ください。

 また、参加の場合はサポート希望日の3日前までにご連絡くと助かります。




  お知らせ  


子どもゆめ基金助成事業を終えて。「おいでよ!寺家のソダチの森に!」



 多くの方のご協力を頂きましたこの事業は、子ども達や親子に寺家ふるさと村の自然環境を活かした笑顔あふれる場を提供することができました。本当にありがとうございます。

 期間中にソダチの森に来てくれたました、子どもやご家族からは「家族で貴重な経験ができる。」「サポーターの方がなかなかGood ! 」「もっと開催日を増やして欲しいな〜。」「入りやすい森だね。」「もっとこうしたらいいのでは。」「家に帰えっても、森でやったことを、楽しそうに話してくれます!」などの貴重な声を多く頂きました。そんな声を聴くと、私たちサポータも「やってよかった〜!」という気持ちが溢れます。12月で助成期間は終了しますが、来年の1月より自主的に継続を目指していきたいと考えておりますので、どうぞ、これからも楽しみにしてください。

 今回は事業の、「月1オープンDAY」(地域の自然を活かして、子どもの活動環境を充実させ、体験や交流の機会を増やすための事業)と、「森のポレポレ工房」集団生活の苦手な子どもがゆっくりと制作や活動が出来る環境を用意して、その活動を支援するための事業)を4月から準備をはじめて実施してまいりました。森で開催を続ける中で、子どもと自然、創作表現、コミュニケーションの活動状況は具体的な効果を私たちに見せてくれました。今後は、子どもの育ちと地域資源のために、さらに考察して役立てたいと思います。また、周知の方法や環境維持の手段などの課題もありましたが、みんなで工夫をしていきたいと思いますので、これからも応援をよろしくお願いいたします。


来場体験者数の記録 

 月一オープンDAYにソダチの森に来てくれた人(期間6月〜12月・支援者、サポータは除く)

          子ども149名 大人152名


2016年12月


 子どものワークショップ  

代表者 浦部利志也

子どもゆめ基金助成事業(国立青少年教育振興機構)

ソダチの森

子どもの環境づくり

 子どもと自然を軸にして,様々な人がこの森で育ち、森も育ち、ここに来るとなんだか元気が得られる場となるように。


  子どものワークショップHP
http://www.childws.com/kodomo_ws/zidomonowakushoppu.html../../kodomo_ws/zidomonowakushoppu.htmlshapeimage_2_link_0
Twitter 子どものワークショップ
https://twitter.com/a3l3IClCMUtS8ST
 
RSS 配信を登録
 
Blog Summary Widget